リサイクルトナーのことならトナートナーリサイクルン

トラブル防止に役立つ知識

リサイクルトナーなら企業にとって利点が多いので、会社設立をしたらぜひ使いたいものですが、多くのリサイクルトナーを販売している会社が、インターネット販売をしていて、インターネットでの買い物になります、しかしリサイクルトナーにしたいけどインターネットでの取引だと不安だ、という人もいるかもしれません。

ネットショッピングでの不安要素は、商品や代金に関してのトラブルの場合が多いと思います。そんなトラブルを防止してくれる特定商取引法に基づく表示と言うのがあります、これを覚えておけば、トラブルにあう確立自体を低くすることができると思います。ここでは安心してネットでリサイクルトナーを購入してもらうためのポイントを紹介します。

特定商取引法に基づく表示

インターネットを利用していて、私達一般の消費者が行う商取引は、「特定商取引に関する法律(昭和51年法律第57号)」第2条第2項の「通信販売」に該当します。

「特定商取引法」はトラブルを防止するため、販売業者に対して販売条件等の表示の義務を定めています。(法第11条、省令第8条)

自分の買いたいと思うリサイクルトナーがあったら、リサイクルトナー業者さんのサイトで「特定商取引法に基づく表示」と言うのを探してみてみましょう。ここには業者の情報や返品方法、必要料金、連絡先などの情報を乗せなければならないので、トラブルの対処のためにも事前に目を通して置きましょう。

1. 販売業者名(個人は屋号又は氏名)

2. 所在地(本社、事務所)

3. 代表者又は業務責任者氏名

4. 連絡先(電話番号、FAX、E-mailアドレス)

5. 商品代金以外の必要料金

6. 商品等の引渡し時期

7. 返品・交換について

8. 不良品について

9. 支払い方法

この9項目が書かれていないサイトからのリサイクルトナーの注文はやめたほうがいいと思います。自分の情報も教えてくれないような人に、お金を払うのはあまりオススメできませんから。。

インターネット販売が、通信販売ということを忘れないようにインターネットでの買い物を楽しみましょう。

Valuable information

町田 デリヘル

最終更新日:2014/12/4